Doctor /院長紹介

Doctor /「永くお口の健康を保っていただきたい」
椛沢院長のご紹介

当院の院長をご紹介します。生まれも育ちも辻堂であり、思い入れのあるこの地に開業しました。地域のみなさんが永くご自分の歯で生活できるよう、お口全体を診た「フルマウス診療」をご提供します。

院長 椛沢 岳芳 
(かばさわ たかよし)

院長 椛沢 岳芳(かばさわ たかよし)院長 椛沢 岳芳(かばさわ たかよし)

略歴
1977年 藤沢市鵠沼海岸で誕生
鵠南小学校・湘洋中学校・藤沢北高校 卒業
2002年 横浜市鶴見大学歯学部 卒業
2011年 カバサワデンタルオフィス 開業
2014年 イボクラ・ビバデント BPS クリニカルコース認定取得
2015年 日本臨床歯科補綴学会基本8カ月コース 修了
2016年 5-D Japan ファンダメンタル ペリオ・インプラントコース 修了
2017年 5-D Japan ファンダメンタル エンド・修復コース 修了
5-D Japan ライブサージェリーコース 修了
2018年 5-D Japan 実習アシスタント 就任
OBI Japan Level2 修了
5-D Japan ハワイ大学 カダバー実習コース 修了
2019年 Dr. Newton Fahl Jr. ダイレクトボンディングコース 修了
5-D Japan アドバンスコース 修了
2020年 5-D Japan アドバンスコース サポートスタッフ 就任
参加学会・団体
5-D Japan
5-D FST
湘南デンティストリー(主幹)
日本顎咬合学会 会員
日本歯内療法学会 会員
日本臨床歯周病学会 会員
日本顕微鏡歯科学会 会員
日本歯科保存学会 会員
日本歯科審美学会 会員

5-D Japanについて

5-D Japan について

2008年に5人の歯科医師で立ち上げたグループです。従来の縦割り的な勉強会の垣根を越えた自由なディスカッションができる環境をつくり、口腔内の健康のためにどのような歯科医療を行うべきかを議論することを目的としています。「研鑽を積みたい」「勉強をしたい」「情報を共有したい」という歯科医師たちの熱意によって結成されました。

5-D Japan について

根管治療(歯内療法)、歯周治療、インプラント治療、審美修復治療、補綴治療、マイクロ治療、予防処置など、歯科をオールラウンドにカバーしながら質の高い歯科治療を患者さんにご提供します。そして、口腔内を包括的に見て全体を考え、長い目で見た健康維持のため、治療を実践できる歯科医師の育成も目標にしています。

5-D Japanは歯科医療業界の活性化に努め、歯科医療を通して社会に貢献し、みなさんのQOLの向上に寄与するグループです。

歯科医療への想い

お口全体を考えた治療をご提供し、健康を保つ予防をサポートします

歯科医療への想い

歯科医院にお問い合わせくださる方の多くは、虫歯や歯周病などのお口のトラブルによる「痛み・腫れ」などの問題を抱えていらっしゃいます。そして治療を行う際、主訴(しゅそ:患者さんのご来院理由の不具合)部位だけを治療して、終わりにしてしまう歯科医師が少なくないのが現状です。

しかし、それではお口のトラブルを発症・進行させてしまった根本的な原因を取り除いていないため、再発・再治療をくり返すことにつながってしまいます。それでは、お口の健康はどんどん損なわれていき、将来的に歯を失う可能性が高まってしまいます。

歯科医療への想い

お口のトラブルの大きな原因は「咬み合わせ」です。長期的に歯の健康を保つためには、フルマウス(お口全体)を診たうえで、それぞれの関係性を考慮して治療を行うことがとても大切です。さらに、治療終了後は定期的なメンテナンスを行うことで、お口のトラブル予防につなげ、永く健康的な口腔内を保つことが将来の豊かな生活につながります。

多くの方にとって、歯科医院が「歯が痛いから通院する場所」ではなく、「健康を保つために通院する場所」になってほしいと願っています。

患者さんへの想い

将来を見据えてご自分の歯と向き合っていただきたい

患者さんへの想い

お口の中をすみずみまで自身でチェックするのはとても難しいことです。そのため、歯科知識のプロフェッショナルである歯科医師や歯科衛生士に、客観的に確認してもらう必要があります。お口がどのような状態なのか、我々から詳しく説明を受けることで理解できれば、自分の将来の健康についても考えられるようになるはずです。

患者さんへの想い

ご自分の歯としっかり向き合えば、再発と再治療をくり返している理由にも気づき、しっかり治そうという気持ちになるはずです。そして、毎日のセルフケアをしっかりと行いつつ、歯科医院での定期検診にも積極的に通おうと思われるはずです。

不摂生を続けて、将来的に歯を失ってしまったときを想像してみてください。ご自分の歯で食事をし、会話し、笑うことができなくなってしまいます。「ずっとご自分の歯で楽しくお過ごしいただきたい」……そのためのきっかけになれば、幸いです。