カバサワデンタルオフィス

  • 診療コンセプト
  • 診療の流れ
  • スタッフ紹介
  • 医院情報
  • アクセス
  • 求人情報
文字サイズ
中
大

0466-34-3555(10:00~13:00 14:30~18:00)

  1. HOME>
  2. 入れ歯治療

TREATMENT

入れ歯治療

ご自身に合った入れ歯を選んで、きちんと噛める歯へ

入れ歯治療は、失ってしまった歯の機能を補うための治療法のひとつです。
「もっとよく噛めるほうがいい」「自然な見た目にしたい」など、患者さまによって目指すものはさまざまでしょう。
辻堂の歯科医院「カバサワデンタルオフィス」では、ご予算やご希望に応じて患者さま一人ひとりに最適な入れ歯を製作いたします。

入れ歯は定期的なメンテナンスが必要です

入れ歯は定期的なメンテナンスが必要です

基本的には初めに歯型をとって製作した入れ歯をお使いいただきますが、加齢とともに歯ぐきは痩せていくため、その入れ歯の形状がずっと適応しているとは限りません。
入れ歯のメンテナンスを怠っていると「外れやすくて上手く噛めない」「装着していると痛みがある」といった状態を招いてしまうのです。

また、合わない入れ歯を我慢して装着しつづけると、噛み合わせに悪影響をおよぼして全身の不調にまでつながる可能性があります。
保険適用の範囲内でも6ヶ月ごとの調整が可能ですので、定期的な入れ歯のメンテナンスを心がけましょう。

正しいお手入れを心がけましょう

正しいお手入れを心がけましょう

入れ歯は汚れや細菌が付着しやすいため、毎日のお手入れで清潔に保つ必要があります。
お手入れの際には、入れ歯専用の洗浄剤とブラシで清掃します。
一般の歯みがき粉には研磨剤が含まれているため、入れ歯に傷がつき、かえって細菌が繁殖してしまいますので、使用は避けましょう。

保険診療と自費診療の違い

入れ歯を製作するときには、保険診療と自費診療からお選びいただけます。
保険診療の場合、お安く製作できることがメリットとして挙げられます。
自費診療の場合は機能と見た目の美しさを追求することができ、よりご自身のご要望に沿った入れ歯を製作できます。
こちらでは当院で取り扱っている入れ歯の種類をご紹介いたします。

総入れ歯
レジン床義歯

レジン(歯科用プラスチック)で製作された保険診療の入れ歯です。

レジン床義歯

メリット
  • 保険が適用されるため、安価で製作できる
  • ほとんどの症例に対応できる
デメリット
  • プラスチック製で多少厚みがあるため、食べ物の温度が伝わりにくい
  • 装着感がやや劣る
金属床義歯

金属素材で製作された自費診療の入れ歯です。

金属床義歯

メリット
  • 金属製で強度が高いため薄くでき、食べ物の温度が伝わりやすい
  • 軽くて耐久性に優れている
  • 装着感がよい
  • 汚れが付着しにくい
デメリット
  • 自費診療のため比較的高額
  • 金属アレルギーのリスクがある
BPSデンチャー

審美性と機能性を追求した自費診療の入れ歯です。

BPSデンチャー

メリット
  • 天然の歯に近い美しい見た目を実現
  • 精密な型取りで、外れにくく痛くない
  • よく噛めて食事が楽しめる
デメリット
  • 自費診療のため高額
部分入れ歯
保険適用の部分入れ歯

レジン(歯科用プラスチック)で製作され、金属バネで固定するタイプの保険診療の部分入れ歯です。

保険適用の部分入れ歯

メリット
  • 保険が適用されるため、安価で製作できる
デメリット
  • 金属バネで装着するため、やや目立つ
  • 噛む力が弱い
  • 装着すると違和感が出ることがある
  • 周囲の歯に負担がかかる
金属床義歯

金属素材で製作された自費診療の部分入れ歯です。

金属床義歯

メリット
  • 薄くて軽いため、装着感がよい
  • 食べ物の温度を感じられる
  • 耐久性に優れている
  • バネを見えなくすることもできる
デメリット
  • 自費診療のため、比較的高額
  • 修理ができない可能性がある
ノンクラスプデンチャー

入れ歯を固定するバネがなく、吸着性の高いシリコン素材で製作された自費診療の部分入れ歯です。

ノンクラスプデンチャー

メリット
  • 金属バネがなく、見た目が自然
  • 周囲の歯にかかる負担が少ない
  • 装着感がよい
  • 金属アレルギーの方も安心して使用できる
デメリット
  • シリコン製のため経年で変色することがある
  • 温度変化で変形することがある
  • 食べ物の温度を感じにくい
その他の入れ歯
コーヌスクローネデンチャー

バネを使わずに、二重の構造の摩擦力で入れ歯を固定します。

コーヌスクローネデンチャー

メリット
  • 金属バネがなく、見た目が自然
  • 装着感がよく、違和感が少ない
デメリット
  • 支えとなる歯を削らなければならない
  • 自費診療のため、比較的高額
マグネットデンチャー

磁性の金属を取り付けて、磁石の力で入れ歯を固定します。

マグネットデンチャー

メリット
  • バネがないため周囲の歯への負担がない
  • 耐久性に優れている
  • 自然な見た目を実現
  • よく噛める
デメリット
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 自費診療のため、比較的高額
ロケーターアタッチメント

数本のインプラントを埋め込み、総入れ歯を固定します。
入れ歯にプラスチック製のアタッチメントが付いているため、スナップボタンのように取り外しができます。

ロケーターアタッチメント

メリット
  • 入れ歯を固定できる
  • 自然な見た目を実現
  • 取り外しができ、お手入れも簡単
デメリット
  • 適応しない症例もある
  • インプラント(人工歯根)を埋め込むための外科手術が必要
  • 自費診療のため、比較的高額
インプラントオーバーデンチャー

2~6本のインプラントを埋め込み、総入れ歯を固定する方法です。

インプラントオーバーデンチャー

メリット
  • 入れ歯を固定できる
  • 自然な見た目を実現
  • 取り外しができ、お手入れも簡単
デメリット
  • 適応しない症例もある
  • インプラント(人工歯根)を埋め込むための外科手術が必要
  • 自費診療のため、比較的高額

↑