カバサワデンタルオフィス

  • 診療コンセプト
  • 診療の流れ
  • スタッフ紹介
  • 医院情報
  • アクセス
  • 求人情報
文字サイズ
中
大

0466-34-3555(10:00~13:00 14:30~18:00)

  1. HOME>
  2. 痛くない虫歯治療

TREATMENT

痛くない虫歯治療

虫歯は日頃の予防と早期治療が大切です

虫歯の直接的な原因とされているのは、プラーク(歯垢)にひそむ「虫歯菌」。
この虫歯菌が出す酸によって歯のエナメル質が溶かされ、虫歯をつくるのです。
辻堂の歯科医院「カバサワデンタルオフィス」では、「痛くない虫歯治療」を掲げています。
こちらでは、虫歯の成り立ちとその治療法をご紹介します。

その歯の痛み、虫歯が進行しているサインです

初期段階の虫歯は痛みがほとんどなく、自分ではなかなか気がつきません。
つまり「歯がしみる」「歯が痛い」といった明らかな症状が出てきたら、すでに虫歯が進行しているサインかもしれません。
虫歯を放置していると症状が進行していき、最終的に歯を抜かなければならない状態になることも。
そうならないためには、早期発見・早期治療が大切です。
少しでも気になる症状があれば、すぐに歯科医院で診療を受けましょう。

虫歯の進行段階と症状
進行段階 症状 治療法
CO(脱灰)
CO(脱灰)
虫歯の初期段階で、歯が白濁して見えます。
痛みなどの自覚症状はありません。
まだ歯を削るなどせずに治療できる可能性があります。
歯の「再石灰化」を促すため、歯みがきの徹底とフッ素塗布が有効です。
C1(エナメル質の虫歯)
C1(エナメル質の虫歯)
歯の表面のエナメル質が溶け始めている状態です。
さほど痛みは感じません。
虫歯にかかっている部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)や金属の詰め物をして治療します。
C2(象牙質の虫歯)
C2(象牙質の虫歯)
エナメル質の下にある象牙質まで虫歯が達した状態です。
熱いものや冷たいものが歯にしみたり、痛みを感じたりします。
虫歯にかかっている部分を削り、歯科用プラスチックや金属の詰め物をして治療します。
C3(神経の虫歯)
C3(神経の虫歯)
虫歯が歯の神経まで達した状態です。
ズキズキと鈍い痛みが続きます。
根管治療を行い、歯の神経を取り除きます。
被せ物をして歯の機能を補います。
C4(歯根の虫歯)
C4(歯根の虫歯)
歯の根っこまで虫歯が進行した状態です。
歯の神経はすでに死んでいるため痛みはありませんが、やがて膿がたまり再び強烈な痛みを感じるようになります。
ほとんどの場合、抜歯する必要があります。
抜歯後、インプラントや入れ歯などで失った歯を補います。

痛くない虫歯治療

痛くない虫歯治療

カバサワデンタルオフィスは、痛くない虫歯治療を推進しています。
実は、虫歯治療で痛みを感じる原因は、治療前の麻酔注射にあります。
歯ぐきに麻酔注射をする瞬間のチクっとした痛みこそが、多くの方が感じている歯科治療の痛みなのです。
当院では、まず初めに歯ぐきに塗る麻酔を施し、注射針を刺すときの痛みを緩和します。
さらに注射針は極細の「33G」を採用。
コンピューター制御による電動麻酔注射を使って、ゆっくりと同じペースで麻酔液を注入していくので、あまり痛みを感じることなく、麻酔を完了することができます。

大切な歯を抜かないための根管治療

大切な歯を抜かないための根管治療

根管治療とは、虫歯が神経にまで達してしまった場合に行う治療です。
菌に感染した神経を取り除いて内部を洗浄・消毒したのち、専用の薬剤を充填して菌が入り込まないようにし、最後に被せ物を取り付けます。
つまり、歯を抜かずに虫歯菌に感染した部分を取り除くことができるのです。
一度抜いてしまった歯が再び生えてくることはありませんので、大切な歯を残すためにも、重度の虫歯も可能なかぎり根管治療で対処します。

根管治療の流れ
STEP1 STEP2 STEP3
根管治療の流れ:STEP1 根管治療の流れ:STEP2 根管治療の流れ:STEP3
虫歯菌に感染した部分を取り除きます。 根管の長さを測定し、内部の汚れを洗浄します。 根管の汚れが除去できたら、内部を消毒します。
STEP4 STEP5 STEP6
根管治療の流れ:STEP4 根管治療の流れ:STEP5 根管治療の流れ:STEP6
消毒後、専用の薬剤を根管の先まで隙間なく充填し、密封します。 症例によっては歯根の上に土台を入れます。 歯の上に被せ物を装着したら、治療は完了です。

↑